お年寄りへの気遣い
 

入居までの流れ

自分に合った有料老人ホームの探し方や、有料老人ホームを選ぶのに注意するべきポイントなど、
有料老人ホームの探し方から入居までの流れを解説します。スポット介護用品は入居してから必要な分を揃えるようにしましょう。

有料老人ホームの情報を提供するサービス

  • まずは有料老人ホームを探す方法について紹介します。今は当サイトも含め、インターネットから有料老人ホームの入居情報を広範囲に検索することができます。これらの検索サイトを利用することで、地域、入居資格、入居一時金や月々の利用料などの費用についてや、夫婦での入居が可能かなど、有料老人ホームの各情報を自分で調べることができます。そのほかにも無料でインターネットや電話を利用した、入居相談や有料老人ホームの情報を提供している企業もあります。これらの相談サービスは個別に有料老人ホーム選びについてアドバイスをくれたり、条件に合った有料老人ホームを紹介してくれます。まずはそれらのサービスを利用して、自分の条件に合ったホームを複数ピックアップしてみましょう。

有料老人ホームを選ぶ際の注意点:介護や医療の体制

  • 次に有料老人ホームを選ぶ際の注意点について。まず介護についてです。介護が必要な人、また必要ではない人も将来介護が必要になったことを考え、有料老人ホーム側の介護体制はどうなっているかをしっかりチェックしましょう。また介護を受けられるホームでも介護が必要になったら部屋を移らなければいけないホームもありますので、入居後契約した部屋から移りたくない方は注意しておきましょう。介護が必要になったら退去しなければいけない健康型の有料老人ホームの場合は、介護が必要になったら介護型ホームへ転居するなどのもしものための計画を立てておく必要があります。また経管栄養、インシュリン投与や透析など医療行為が必要な方は、それらのサービスを受けることができるかも確認しておきましょう。

ホームを選ぶ際の注意点:立地条件

有料老人ホームのサービスには満足していても、立地条件に不満を持つことがあります。
有料老人ホーム選びは施設の設備のことを中心に考えがちですが、立地条件が自分に合っているかも重要な要素です。家族や友人と頻繁に交流していたい方は、家族や友人が訪れるのに苦労しない地域のホームを選ぶ必要があります。また、ホームの周辺には何があるのかも気をつけておきたいです。駅やバス停、スーパーなど生活に必要な建物が利用しやすい距離にあるかどうかを注意しておきましょう。ほかにも例えば囲碁や将棋が趣味な人なら碁会所や将棋道場が近所にあるかなど、趣味や娯楽を楽しめる施設が身近にあると楽しみも増えます。また自然が多い所でゆったり暮らしたいという方は、郊外にある有料老人ホームを選ぶのもいいでしょう。
見学や体験入居

ある程度自分に合ってそうな有料老人ホームに目星が付いたなら、見学や体験入居をして自分の目で実際にホームの様子を確認してみましょう。サイトの説明やパンフレットでは伝わらないことが多いので、見学や体験入居は重要です。部屋や共有空間の広さや雰囲気、バリアフリー設計になっているかなどの設備面から、どのような食事が提供され自分の口に合うかどうか、またスタッフの対応や、住人の雰囲気など、自分が楽しく快適に住むことができるかどうかを細かい部分までチェックすることが大切です。疑問がある場合はスタッフに納得するまで質問をぶつけてみましょう、またホームの内情については住人に直接聞いてみるのが確実です。長い間暮らしていく施設なので入居した後に後悔しないよう、複数の有料老人ホームの見学や体験入居をし比べ、どれが1番自分に合っているか判断しましょう。

契約から入居まで
  • 情報を調べ、見学や体験入居で住んでみたい老人ホームが決まったら、契約、そして入居です。有料老人ホームは入居時に多額の入居一時金がかかる のが標準で、そうそう気に入らないから簡単に退去するということはできないので、契約については家族などと相談して慎重に決めましょう。また入居契約書など契約前に渡される入居するための条件が書かれた書類は、隅々まで目を通す必要があります。ホームによってはパンフレットなどに都合の悪いことを書かないケースがあり、入居契約書などをよく見て想定していたサービスとは違うことが書かれていないか注意が必要です。また途中で退去すると入居一時金の一部が帰ってくるのかや、償却期間はどうなっているかなど、料金システムについても確認しておくようにしましょう。

 

pickup

埼玉県 貸倉庫

Last update:2017/7/13

TOPへ

 

 
Copyright(C)2008 kaigonoizumi.All right reserved